MENU
家電わんこ
3歳の娘を育てながらフルタイム共働きになった「家電わんこ」です。フルタイムで仕事しながら家事・育児をこなすため時短家電”ホットクック”をいかに上手に使いこなすかを365日考えています。ホットクックについては誰よりも詳しく解説しています!他の家電のレビュー依頼は「お問い合せ」までお願いいたします。
【2024年版】ルンバのおすすめランキング‼︎見てみる‼︎

【実体験】ルンバi5+の口コミ&レビュー!コスパ最高な最新ルンバ

当ページのリンクにはPRが含まれています。
ルンバi5のアイキャッチ2

ロボット掃除機には365日お世話になっている家電わんこ(@kadenwanko)です。

毎日仕事や家事に追われていると、わずらわしくなるのが掃除です。

最近では、iRobot社のルンバで「掃除が時短になって最高!」と大人気になっています。

とはいえ、安くはない掃除機なので、ルンバ選びには失敗したくない人は多いはず。

せっかく、高いルンバを買ってもルンバの掃除がめんどうで使わなくなったことも……。

そこで、ゴミを最大1年間ためておけるクリーンベース(自動ゴミ収集機)付きのモデル、「」がオススメです。

ルンバi5正面
わんこ

ただ、障害物検知機能がイマイチな点はデメリット。

しかし、自動でゴミを最大1年間収納でき、価格も89,800円と10万円を切る最高コスパのルンバです。

そこで本記事では、今までたくさんのロボット掃除機を使用してきた”家電オタク”である私が、ルンバi5+のレビューやメリット・デメリット、他のルンバとの比較して検証していきます。

公式サイトで購入すると……
  • 通常、無料1年保証無料3年保証に延長
  • 交換用消耗品つき4,356円分
  • 全国どこでも送料無料
  • 不要な掃除機を下取りでお得な値引きコード配布中

クリーンベース付属ver

クリーンベースなしver

メリット
デメリット
  • 10万円以下で購入できるのに高機能
  • 吸引力は上位モデルと同じ10倍
  • クリーンベースがコンパクトで設置しやすい
  • 中位モデルながらマッピングが可能
  • 掃除や手間を時短できる
  • 床が散らかっていると掃除できない
  • ランニングコストがかかる
  • ゴミ捨て時の音が大きい

ルンバをどこで買うかおすすめなのかまとめた記事はこちら

ルンバシリーズのオススメランキングや選び方はこちら

この記事を書いた人
調理鍋わんこ
家電わんこ
詳しいプロフィール

プロフィール

4歳の娘を育てながらフルタイム共働きで時短家電オタクの「家電わんこ」です。フルタイムで仕事しながら家事・育児をこなすため時短家電をいかに上手に使いこなすかを365日考えています。ほったらかし調理鍋やロボット掃除機については誰よりも詳しく解説しています!Instagram/プロフィール詳細/お問い合わせ

スポンサーリンク

タップで飛べる目次

ルンバi5+の口コミ

口コミ

の口コミを最近名前が変更され、あまり馴染みがないかもしれない「Twitter X」から良い口コミと悪い口コミをご紹介していきます。

ルンバi5+の良い口コミ

スクロールできます
https://twitter.com/kapibara19190/status/1683036334938808320?s=61&t=NcVozRWIP5UrfNbUriSjTA

に良い口コミを書き込んでいる方々は主に「夫婦共働きで、掃除の時間を時短したかった。」「現在、キャッシュバック中だから、試しに買ってみた。」「掃除をかわって欲しい。」でした。

やはり、掃除を時短できるのはだいぶ生活が楽になるようで、良い口コミが多い印象ですね!

わんこ

ただ、まだ発売したばかりなので、全体的に口コミが少ない印象です。

ルンバi5+の悪い口コミ

スクロールできます

の悪い口コミをあげておられる方は「あまり賢くない」「ルンバ基地に戻れない」「効率的な掃除ができていない」という方でした。

良い口コミでも記述しましたが、発売されたばかりであるため、全体的に口コミが少ないです。

しかし、上記のようなルンバがあまり賢くなく、掃除が非効率だというところがマイナスポイントとなったようです。

ルンバi5+のスペック・外観レビュー

はルンバシリーズの中位モデルに位置付けされています。

ルンバには次の5種類があり、「iシリーズ」は中位モデルとなります。

型番ルンバ特徴
sシリーズルンバs9+
ルンバs9+
シリーズ最高峰の吸引力とバッテリー性能を搭載した、最高級モデル
jシリーズルンバコンボj9-画像
ルンバコンボj9+
ルンバコンボj9+SD
ルンバj9+
ルンバコンボj7+
j7+
カメラセンサーを搭載し、高度な障害物回避機能やマッピング機能を当さした、上位モデル
iシリーズルンバi5+

i3+i7+i2
マッピング性能や直線走行による効率的な清掃力を誇る、コスパの良い中位モデル
eシリーズルンバe5
(e5)
シンプルな機能で、低価格で購入できるエントリーモデル
※()は販売終了モデル

高い清掃力やマッピング性能を備え、価格も89,800円と9万円を切るコスパの良いモデルです。

そんな、ルンバi5+のスペックや外観をレビューしていきます。

ルンバi5+のスペックレビュー

のスペックは次のとおりです。

モデルルンバi5+
i5+
価格
※公式サイト
89,800円
吸引力10倍
走行パターン平行走行
規則正しい
自動ゴミ収集
※クリーンベース
選択可能
バッテリー75分
水拭き
パワーブースト
カーペット検知
マッピング機能
障害物検知
スマホ連携
スマートスピーカー連携
メインブラシゴム製
オススメの間取り3〜4部屋
Amazon

の清掃力は、上位モデルと遜色ありません。マッピングもできるので、効率的な清掃が可能です。

しかし、ルンバj7+のように障害物検知機能がありません。

しかし、価格は9万円を切る89,800円とコスパがいいので、満足できるルンバです。

ママ

価格が安いと、購入のハードルが下がるね!

ルンバi5+の外観レビュー

の外観をレビューしていきます。

ルンバi5+は、以前の型番であるルンバi3+をアップデートさせたモデルとなります。

ルンバi3+

2023年に発売されたルンバi5+はクリーンベース(自動ゴミ収集機)が非常にコンパクトになり、設置しやすくなりました。

ルンバi5+正面
ママ

ルンバの置く場所は本当に悩むからうれしい設計だね!

ルンバ本体はi3+と変わらず、天面は親しみやすいグレーのファブリック調で、お家の雰囲気に合わせやすいです。

サイズは約34.2 x 34.2 x 9.2cmで他メーカーのロボット掃除機と同じ程度で、一般的なサイズ感です。

ルンバi5天板

前面にはバンパーがあり、家具や壁の衝突時のクッションの役割を担っています。

ルンバi5前方

操作ボタンは、清掃開始のCLEANボタン、充電ベースに戻るHOMEボタン、直径1mを集中的に掃除するSPOTボタンと、わかりやすいボタン構成。

ルンバi5ボタン

ダストボックスは、後方にあり側面のボタンを押すと簡単に取り外すことができます。

ルンバi5後面
ルンバi5後面ダストボックス

ダストボックスの側面にはダストカットフィルターが装着され、アレルギー物質を99%カットできるほか、ダストボックス本体を水洗いできるので清潔を保てます。

ルンバi5ダストカットフィルター

ルンバの特徴として、強力な清掃力があげられますが、それがこのデュアルアクションブラシのおかげです。

ルンバi5ブラシ画像

ゴム製のブラシのため、ゴミを強力にかき出す力を生み出しています。

わんこ

ゴム製のおかげで、髪の毛などがからみにくいです!

ママ

手間がかかりにくいのはいいね!

部屋の隅を掃除するため、エッジクリーニングブラシも忘れられません。

ルンバi5ブラシ

タイヤは適度に弾力があり、2cm程度の段差なら問題なく上がれます。ちょっとした隙間にも入り込める設計にもなっています。

ルンバi5タイヤ

障害物を検知する前方カメラは設置されていないので、コード類やおもちゃを避けられない点はデメリット。

ルンバi5障害物テスト失敗

しかし、マッピング機能があり、指定の部屋を指定して掃除できるため、9万円を切るモデルと考えればコスパがいいです。

ルンバi5マッピング

クリーンベース付属ver

クリーンベースなしver

ルンバi5+の実機レビュー

を実際に使って、レビューしていきます。

レビュー内容は次のとおりです。

ルンバi5+の最大の特徴!クリーンベース

の1番の特徴は、クリーンベース(自動ゴミ収集機)が搭載されていること。

ルンバi5+クリーンベース
わんこ

これまで面倒だったダストボックスのお手入れが少ないのは最高です!

天面のフタを開けると紙パックを簡単に交換でき、公式値で最大1年間ものゴミを溜めておけます。

クリーンベース開閉

注意:交換用紙パック(3枚入り)は2,178円とややお高めです。

以前のモデルi3+と比較すると、大きく小型に成功した、i5+のクリーンベースは、ちょっとした隙間に設置しやすくなりました。

ルンバi5ルンバ基地

しかし、横幅はやや大きくなっているので、設置する際には注意が必要です。

ルンバにクリーンベースは必要なの?とお悩みの方はこちら

ルンバi5+のアプリの設定は簡単!

はスマホやスマートスピーカーとの連携が可能です。

お家にWi-Fiがあればスマホアプリ「iRobot Home」から、本体を登録して操作できます。

iRobot Home

iRobot Home

iRobot Corporation無料posted withアプリーチ

わざわざ本体を操作しなくていいので、腰をかがめる必要がないのは助かります!

ルンバi5+とアプリを連携するのは簡単で、

STEP
アプリを起動する

アプリを起動すると、ルンバのシリーズを勝手に検索します。

ルンバi5アプリ①
STEP
Wi-Fiに接続する

Wi-Fiのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力して、ルンバにWi-Fiを接続します。

ルンバi5アプリ②
STEP
連携完了

ルンバにWi-Fiを連携させ、しばらくするとスマホとの連携が完了します。

ルンバi5アプリ③
わんこ

スマートスピーカーにもWi-Fiを接続した段階で連携されます。

【実証】ルンバi5+の清掃能力をテスト

の清掃能力がどの程度か、実際に使用して調査していきます。

テスト方法は次の2種類です。

床の清掃能力をテスト

の床の清掃能力をテストします。

調査方法として、部屋の各所にカラー砂を設置します。

ルンバi5床掃除テスト①
ルンバi5床掃除すみ

部屋全体を掃除する中で、どの程度までカラー砂を掃除できるか見ていきます。

結果としては、部屋中央に設置したカラー砂は問題なく掃除できました。

ルンバi5床掃除テスト②

しかし、部屋の隅に設置した砂は2回掃除しないと、キレイに掃除できませんでした。

ルンバi5すみ掃除少し残る

1度では部屋のすみに砂が残っている……。

ルンバi5すみ掃除2回目でキレイに

2回目の掃除でキレイになりました!

わんこ

ルンバの特徴である、吸引力は遺憾なく発揮されました!

障害物が避けられるかテスト

が障害物を避けられるかをテストします。

ルールとして障害物は、

  • おもちゃ
  • スリッパ
  • 充電ケーブル

の3つを設置します。

ルンバi5障害物テスト

実際に、テストを実施しましたが、おもちゃを避けられず、巻き込んでも掃除を続行してしまったため終了としました。

ルンバi5障害物テスト失敗

ルンバi5+は前方にカメラを搭載していないので、障害物を発見できませんでした。

ルンバで掃除する時は、床にモノを置かないようにしないといけません。

ママ

ただ、毎日床のモノを片付けるから、結果的に毎日床がキレイになっていいかも!

クリーンベース付属ver

クリーンベースなしver

ルンバi5+を実際に使ってわかったメリット・デメリット

実際のユーザーでもある私が、を実際に使ってわかったメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 10万円以下で購入できるのに高機能
  • 吸引力は上位モデルと同じ10倍
  • クリーンベースがコンパクトで設置しやすい
  • 中位モデルながらマッピングが可能
  • 掃除や手間を時短できる
  • 床が散らかっていると掃除できない
  • ランニングコストがかかる
  • ゴミ捨て時の音が大きい

ルンバi5+を実際に使ってわかったメリット5選

メリット

のメリット5選は次のとおりです。

10万円以下で購入できるのに高機能

はクリーンベース(自動ゴミ収集機)を搭載しているモデルです。

ルンバi5+クリーンベース

マッピング機能も搭載されており、指定した部屋を設定した掃除スケジュールのもと、掃除することもできます。

そんな、高機能:高性能なルンバi5+が価格89,800円と10万円を切る価格で購入できます。

わんこ

このレベルの機能があって、10万円を切るのは最高のコスパです!

吸引力は上位モデルと同じ10倍

は中位モデルとして、高性能ながら低価格で買える最高コスパのルンバですが、気になるのは「本当にしっかり掃除ができるのか?」というところ。

i5+は上位モデルと遜色ない、ベースモデルの「10倍」の吸引力を誇ります。

吸引力といえばルンバ」というところで、低価格ながら吸引力は最高級なので、チリなどはもちろん吸い取ることができます。

クリーンベースがコンパクトで設置しやすい

以前のモデル「」では縦長(49×31×39cm)のクリーンベースが採用されていました。

ルンバi3+

一方、最新型である「」は縦が低くなり横が少し幅広(34×31×40cm)になった、デザイン性があり設置しやすくなりました。

ルンバi5+正面
ママ

クリーンベースがあると設置できないよ……。

という方は「」「」クリーンベースがないモデルがあるため、そちらがオススメです。

ルンバi5

ルンバi2

ルンバにクリーンベースは必要かどうかお悩みの方はこちら

中位モデルながらマッピングが可能

には上位モデルのようなマッピング機能が搭載されています。

ルンバi5マッピング

これは、ハイエントリーモデルである「」にはない機能なので、両機を選ぶ際の一つの基準となります。

わんこ

マッピング機能が欲しければ「i5」、いらなければ「i2」がオススメ!

掃除や手間を時短できる

ロボット掃除機を買いたい理由の1番の理由となりますが、特にクリーンベースを搭載したロボット掃除機は掃除やお手入れの手間がありません。

ルンバi5+クリーンベース

通常ダストボックス内にあるゴミは、ロボット掃除機を運転するとゴミ箱に捨てなければなりません。

クリーンベースと袋

しかし、クリーンベースがあるとゴミをクリーンベース内に溜めておけるので、ルンバ公式値より最大1年間はゴミ袋を捨てなくてもOKです。

ママ

ゴミ捨てしなくてもいいのは本当にラクだね!

ゴミ捨てがなくなると、もうクリーンベースがない生活に戻れないくらいの中毒性があります。

ゴミ捨てもお手入れも簡単なモデルがいい方には非常にオススメです。

クリーンベース付属ver

クリーンベースなしver

ルンバをどこで買うかおすすめなのかまとめた記事はこちら

ルンバi5+を実際に使ってわかったデメリット3選

デメリット

のデメリット3選は次のとおりです。

床が散らかっていると掃除できない

は、j7のように前方カメラを搭載していないため、床に散らばる障害物を避けられません。

なので、なるべく床にモノを置かないようにする必要があります。

わんこ

床にモノを置かなくなるので、いつも部屋がキレイになって気持ちいいですよ!

ランニングコストがかかる

は、ゴミ袋やブラシ、ダストカットフィルターを随時交換する必要があります。

クリーンベース開閉

ランニングコストはかかりますが、年に1〜2回買う程度です。その分、掃除する時間を大幅に時短できるので、むしろ安く感じるほどです。

わんこ

ルンバを一度使うと無い生活には戻れません。

ゴミ捨て時の音が大きい

で気になる点がゴミ収集時の音の大きさです。

時間にすれば10秒程度ですが、決して静かとはいえないので、近隣環境が気になる人は注意しましょう。

ルンバi5運転時騒音
ルンバの通常運転時の音
ルンバi5クリーンベース音
クリーンベースでゴミを吸い取る時の音

騒音については、通常運転時が約58dBである中、約77dBなため、結構うるさめです。

ルンバにクリーンベースは必要かどうかお悩みの方はこちら

ルンバシリーズの比較表

ルンバチャート

あなたの”ピッタリ”が見つかる!30秒診断

30秒診断

【診断】あなたはどのルンバがおすすめ?

あなたにピッタリなのはどのルンバ?

ルンバの水拭き

1問目:水拭きは絶対欲しい!

ルンバの新旧モデル

2問目:型落ちモデルでもいい!

ルンバコンボj7+

診断結果

あなたはルンバコンボj7+がおすすめです!

ルンバコンボj7+を見てみる

もう一度診断する

お金

3問目:できれば安いモデルがいい!

ルンバコンボj9+SD

診断結果

あなたはルンバコンボj9+SDがおすすめです!

ルンバコンボj9+SDを見てみる

もう一度診断する

ルンバコンボj9+

診断結果

あなたはルンバコンボj9+がおすすめです!

ルンバコンボj9+を見てみる

もう一度診断する

障害物検知機能

2問目:障害物を避ける機能が欲しい!

ルンバの新旧モデル

2問目:型落ちモデルでもいい!

ルンバj7+

診断結果

あなたはルンバj7+がおすすめです!

ルンバj7+を見てみる

もう一度診断する

ルンバj9+

診断結果

あなたはルンバj9+がおすすめです!

ルンバi9+を見てみる

もう一度診断する

お金

3問目:とにかく安いモデルがいい!

ルンバi5+

診断結果

あなたはルンバi5+がおすすめです!

ルンバi5+を見てみる

もう一度診断する

ルンバi2

診断結果

あなたはルンバi2がおすすめです!

ルンバi2+を見てみる

もう一度診断する

はiRobotから2023年3月に発売された、大人気のルンバ「iシリーズ」のモデルです。

i5+をふくむ、ルンバシリーズをそれぞれ機能を比較してみました。

スクロールできます
モデルルンバi5+
i5+
ルンバコンボj9-画像
コンボ j9+
ルンバコンボj9-SD画像
コンボ j9+SD
ルンバs9+
s9+
ルンバコンボj7+
コンボj7+
ルンバj7+
j7+
ルンバi2
i2
価格
※公式サイト
89,800円199,800円〜169,800円〜186,780円159,800円129,800円39,800円
吸引力10倍20倍20倍40倍10倍10倍10倍
走行パターン平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
平行走行
規則正しい
自動ゴミ収集
※クリーンベース
選択可能選択可能選択可能
※公式サイト限定
バッテリー75分記載無し記載無し120分75分75分75分
水拭きカーペットは避けるカーペットは避けるカーペットは避ける
パワーブースト
カーペット検知
マッピング機能
障害物検知
スマホ連携
スマートスピーカー連携
メインブラシゴム製ゴム製ゴム製ゴム製ゴム製ゴム製ゴム製
オススメの間取り3〜4部屋5部屋以上5部屋以上5部屋以上5部屋以上5部屋以上3〜4部屋
購入サイト

「i5+」「j7+」などはクリーンベース搭載モデルという意味です。クリーンベース非搭載モデルは「」「」と商品名から「」が省略されます。

ルンバにクリーンベースは必要かお悩みの方はこちら

はルンバシリーズの中でもちょうど真ん中のモデルであり、クリーンベースが搭載されていたり、規則正しい走行パターン、アプリの連携といった大事な性能はしっかり搭載されています。

ただし、「」に搭載されている前方カメラは非搭載なので、障害物を避けることができません。

普段から床にモノを置かないようにしないといけませんが、毎日部屋がキレイになると思うとメリットかもしれません。

クリーンベース搭載で、マッピングまでできて10万円を切るのは、どう考えてもコスパが最高です。

一方、クリーンベースにこだわりがなければ、「」を選ぶかハイエントリーモデルである「」が安くてオススメです。

ルンバのおすすめランキングはこちら

他のルンバの比較が見たい方はこちらのカテゴリーから!

水拭きで床をピカピカにしたいなら、ブラーバとセットがおすすめ!

ブラーバジェットm6とルンバi2

ブラーバとは、手間をかけずに床をピッカピカに清掃ができる、高性能な床拭きロボットです。

ブラーバとルンバの違いは、「床の水拭きをする」か「ゴミを掃除する」かに違いがあります。

  • ブラーバ:床の水拭きをする
  • ルンバ:ゴミを掃除する

ブラーバがあれば、ルンバと連携して床の水拭きまで任せることができます。

わんこ

子どもがこぼしたジュースやソース類もキレイにできるよ!

ブラーバにはたくさん種類がありますが、高いマッピング性能とジェット噴射で床がキレイになる「ブラーバジェットm6」がおすすめです!

ルンバi5+/i5とブラーバジェットm6をでセットで買うと、7,980円お得にゲットできます!

ブラーバジェットm6のくわしいレビューはこちら

ルンバを買う前に、まずはレンタルがおすすめ!

kikitoのファーストビュー女性

ルンバを買う前は、

ママ

結構、値段が高いし私に合わなかったら嫌だな……。

という方は多く、私自身もそうでした。

そこで、iRobotはドコモ(docomo)とタッグを組んで、ルンバのレンタルをで始めました。

わんこ

買う前にレンタルできるのは勝手がわかっていいね!

買うのはまだ怖い……」とお悩みなら、まずレンタルしてお試しするのがオススメです。

1ヶ月1,980円〜レンタルできるので、「私には合わないな……」となっても1,980円ですむので安心です!

送料無料でdポイントが貯まる・使える‼︎

ドコモの家電レンタル・サブスク

ルンバはサブスクか購入かどっちがいいかお悩みの方はこちら

ルンバのサブスク・レンタルの口コミ&評判とは?実際に利用してレビューしました!

ルンバi5+のよくある質問Q&A

ルンバi5+のよくある質問

を買う前に、知りたいよくある質問Q&Aをご紹介していきたいと思います。

Q1. 操作は難しいですか?

いいえ、操作は非常にシンプルです。

専用のアプリをダウンロードしてスマートフォンと連携させることで、スタートや停止、スケジュール設定などの操作が手軽にできます。ボタン1つでの起動も可能です。

iRobot Home

iRobot Home

iRobot Corporation無料posted withアプリーチ

Q2. 階段や段差は大丈夫ですか?

は、センサーを使用して階段や大きな段差を検知し、落下することなく安全に動作します。

ただし、2cmの段差なら乗り越えることもできます。

Q3. どれくらいの頻度で掃除してくれるのですか?

あなたがアプリで設定したスケジュールに従って掃除を行います。

毎日の掃除や、特定の曜日・時間帯だけの掃除など、あなたのライフスタイルに合わせてカスタマイズが可能です。

Q4. メンテナンスはどれくらい必要ですか?

定期的にブラシやフィルターの清掃、交換が必要です。

しかし、は自動でゴミを捨ててくれる機能があるため、ゴミ箱の手動での空ける頻度は最大1年間してくてもOKです。

アプリを使うと、メンテナンスのタイミングも通知してくれるので、手間は少ないです。

ルンバi5+のレビューまとめ

本記事では「【実体験】ルンバi5+の口コミ&レビュー!コスパ最高な最新ルンバ」について書きました。

は、クリーンベースを搭載した中位モデルですが、ロボット掃除機として欲しい機能は完備されつつ、アプリ操作やスマートスピーカー操作など、ひととおりの機能を持ち合わせています。

一度、掃除のスケジュール設定をすれば、あとは放置するだけで掃除からゴミ捨てまで、すべて自動でしてくれる、まさに手間いらずのロボット掃除機。

わんこ

中位モデルって言われてるけど。全然上位モデル並みの機能だと思ったよ!

毎日のわずらわしい掃除から解放されたい方は、ぜひ購入してくださいね!

公式サイトで購入すると……
  • 通常、無料1年保証無料3年保証に延長
  • 交換用消耗品つき4,356円分
  • 全国どこでも送料無料
  • 不要な掃除機を下取りでお得な値引きコード配布中

クリーンベース付属ver

クリーンベースなしver

メリット
デメリット
  • 10万円以下で購入できるのに高機能
  • 吸引力は上位モデルと同じ10倍
  • クリーンベースがコンパクトで設置しやすい
  • 中位モデルながらマッピングが可能
  • 掃除や手間を時短できる
  • 床が散らかっていると掃除できない
  • ランニングコストがかかる
  • ゴミ捨て時の音が大きい

最後まで読んでいただきありがとうございました。家電わんこ(@kadenwanko)でした。

当ブログのテーマ

  • シンプルイズザベストなデザイン
  • 初心者でもボタンを押すだけキレイなサイトが作れる!
  • 複数のサイトでも無料で使える!

初心者でも簡単にキレイなサイトが作れる

複数サイトも無料で使える!

ホットクックナビ

スポンサーリンク

コメント

コメントする

タップで飛べる目次