MENU
家電わんこ
3歳の娘を育てながらフルタイム共働きになった「家電わんこ」です。フルタイムで仕事しながら家事・育児をこなすため時短家電”ホットクック”をいかに上手に使いこなすかを365日考えています。ホットクックについては誰よりも詳しく解説しています!他の家電のレビュー依頼は「お問い合せ」までお願いいたします。
【2024年版】ルンバのおすすめランキング‼︎見てみる‼︎

【DEEBOT T20 OMNI レビュー】モップリフトと温水洗浄で全自動のロボット掃除機

当ページのリンクにはPRが含まれています。
DEEBOT-T20-OMNIのアイキャッチ

これまで10台以上のロボット掃除機を使ってきた”ロボット掃除機オタク”の家電わんこ(@kadenwanko)です。

最近は共働き世帯が増えた影響で、お掃除ロボットが大人気です。

ただ、今までのロボット掃除機は床に物があると、掃除できなかったり、水拭きも十分ではないこともしばしば……。

ママ

結局、自分の手で掃除する方が早いんじゃ……。

ロボット掃除機を買って後悔する人が後を絶たない中、ロボット掃除機市場に新たな風を呼び込んだECOVACSエコバックスDEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニ」が登場しました。

T20全体正面

今まで、物体検知や水拭きをいち早く導入してきた同社が、モップリフト温水洗浄を搭載して、さらにグレードアップしました。

ECOVACSならではの物体検知機能はそのままに、最新機能を搭載して最高級のロボット掃除機になっています。

わんこ

さっそく使ってみたけど、水拭きがすごく進化していて素足でもストレスなく歩ける空間になったよ!

そこで本記事は、DEEBOT T20 OMNI の外観・スペックを紹介した後、実際の使用感や口コミをレビューしていきます。

メリットデメリット
モップリフトが超便利
温水洗浄でモップの手洗い不要
最高峰の吸引力でチリも残さない
掃除も水拭きも水を入れるのも全自動
物体検知で片付けが不要
価格が17万円台と高い
大きくて置き場所に困る
ランニングコストが掛かる
この記事を書いた人
調理鍋わんこ
家電わんこ
詳しいプロフィール

プロフィール

4歳の娘を育てながらフルタイム共働きで時短家電オタクの「家電わんこ」です。フルタイムで仕事しながら家事・育児をこなすため時短家電をいかに上手に使いこなすかを365日考えています。ほったらかし調理鍋やロボット掃除機については誰よりも詳しく解説しています!Instagram/プロフィール詳細/お問い合わせ

スポンサーリンク

タップで飛べる目次

DEEBOT T20 OMNI の外観・スペックレビュー

T20全体斜め

実際にDEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニを使った私がスペックを紹介したのち、外観を画像を使って紹介していきます。

DEEBOT T20 OMNI のスペック

DEEBOT T20 OMNIのスペックは他のロボット掃除機と比べても、まったく引けを取らない、最高級のロボット掃除機になっています。

モデルDEEBOTT20OMNI
DEEBOT T20 OMNI
ダスト容量300mL
水タンク容量浄水4L/汚水4L
吸引力6,000Pa
走行パターン平行走行
規則正しい
自動ゴミ収集
※クリーンベース
稼働時間約260分
水拭き
自動給水
温水洗浄
マッピング機能
物体検知
スマホ連携
スマートスピーカー連携
消費電力45W(本体)
960W(モップ洗浄時)
610W(ゴミ収集時)
本体サイズ約36.2 x 36.2 x 10.3cm
ステーションのサイズ
(奥行き×幅×高さ)
約44.8 x 43 x 57.8cm
本体重量
(バッテリー含む)
約4.4kg
(本体のみ)
約14.0kg
(全自動クリーニングステーション)
価格
※公式サイト
179,800円
購入サイト Amazon
わんこ

ECOVACS初となる機能がたくさんあり、まさに最新のロボット掃除機だよ!

他のロボット掃除機と比較

実際に、DEEBOT T20 OMNIと同等の機能を持つロボット掃除機と比べてみました。

スクロールできます
機種DEEBOTT20OMNI
DEEBOT T20 OMNI
ロボロックs8proultra
ロボロック
S8 Pro ultra
ルンバコンボj9-画像
ルンバコンボj9+
ルンバコンボj9-SD画像
ルンバコンボj9+SD
吸引力6,000Pa6,000Paルンバi7の2倍ルンバi7の2倍
マッピング
障害物を避ける
稼働時間約260分約180分記載なし記載なし
水拭き
自動給水
温水洗浄
自動モップリフト
モップ自動乾燥
段差乗り越え2cm2cm2cm2cm
ダストボックス水洗い
落下防止
価格179,800円229,900円199,800円169,800円
購入サイト Amazon Amazon Amazon Amazon
ママ

比べてみると、DEEBOTはコスパがいいモデルだね!

DEEBOT T20 OMNI の外観

DEEBOT T20 OMNIの外観を紹介していきます。

DEEBOT T20 OMNI の付属品は次のとおりです。

T20付属品
付属品
  • 本体×1
  • ごみステーション×1
  • サイドブラシ×2
  • クリーニングモップ×2
  • 充電コード

DEEBOT特有のモップが付属しており、モップが回転して床を磨くことで、床をピカピカにしてくれます。

T20モップ

クリーニングモップの付け方が、意外と難しかったので付け方を動画に残しました。

ルンバではサイドブラシが1つだけですが、DEEBOTは2つ付属するので、より強力にゴミをかき出してくれます。

T20エッジブラシ取り付け位置
T20エッジブラシ

サイドブラシもつける時に意外とつけるのに力が必要だったので、動画に残しました。

DEEBOT T20 OMNI は白を基調としていますが、天面にはシルバーの加工がされており、非常に高級感のある外観をしています。

T20正面

正面には、衝撃を緩和するバンパーや物体検知をする赤外線センサーが多数搭載されています。

T20前面

正面には物理ボタンが一つで、スマホアプリで操作しない場合はこちらのボタンで操作します。

T20天面ボタン

裏面には、サイドブラシやクリーニングモップをとりつける場所があります。

T20裏面全体

DEEBOT T20 OMNIのメインブラシはゴム製になっており、以前の毛製のものと違い、よりゴミをかき出しやすくなりました。

T20クリーニングブラシ
DEEBOTN8+のメインブラシ

自動ごみ収集機(以下、ステーション)のサイズは約44.8 x 43 x 57.8cmと大きく、置く場所に困ります。

T20ステーションのみ正面

ソファと並んでも、なかなかの存在感があります。

T20とソファ

ステーションの天面には開けて浄水・汚水タンクが入っています。

T20ステーションの天面開け方

中には、浄水(4L)と汚水(4L)を入れるスペースとなっています。

T20ステーション天面開けた後

浄水・汚水タンクは意外と大きいです。

T20浄水と汚水タンク空

掃除した後の汚水タンクを見ると、結構汚れているので「こんな汚い床で生活していたのか……。」と驚きました……。

T20汚水と浄水

中段にはゴミを貯めておける場所があり、引き出すとゴミバックがはいっています。

容量は3Lで、約50日のゴミが貯められます。

スクロールできます
ステーションゴミパック開閉
T20ゴミパック入れ
T20ゴミパック取り出し

ステーションの裏面にはコンセントを差すところがあり、コードを巻けるようになっています。

T20ステーションの裏面コードなし
T20ステーション裏面コード収納

DEEBOTディーボットで掃除した後は、ステーションに戻り次第自動でゴミを吸い上げてもらえます。

しかし、ステーションのゴミ収集音はややうるさめです。ルンバと比べればやや静かですが、それでも寝ている子どもが目を覚ましかねない音になっています。

ゴミステーションの吸い取りの音アプリ

ルンバのごみ収集時の音は次のとおりです。

清掃中にモップが汚れたら、途中でモップの洗浄を行ってもらえ、シリーズ初の温水にも対応しており、より洗浄力がアップしています。

わんこ

まさに、全自動で掃除が終わる優れものです!

DEEBOT T20 OMNI の実機レビュー

DEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニを実際に使ってみたので、使う際のアプリの連携方法や特徴を4つにしぼって、レビューしていきます。

DEEBOT T20 OMNI のアプリ連携方法

DEEBOT T20 OMNIのアプリの連携方法は簡単で、アプリをスマホに入れます。

ECOVACS HOME

ECOVACS HOME

Ecovacs無料posted withアプリーチ

アプリを入れたら、次の5ステップでアプリと連携していきます。

STEP
スマホでQRコードを読み取る

QRコードを読み取ると、アプリで製品を読み取れます。

STEP
自宅のWi-Fiを読み取る

自宅にWi-Fiがある人は自動で認識してくれます。

T20Wi-Fi接続
STEP
電源を「ON」にして、音が鳴るのを待つ

赤い電源ボタンをONにスライドさせます。

T20準備①
STEP
RESETボタンを短く押す

黒い小さいボタンを短く押すと音が鳴って知らせてくれます。

T20準備②
STEP
自動でロボットとWi-Fiをつないでくれる

待っておくだけで、自動でロボット掃除機とWi-Fiを連携してくれます。

T20ホットスポット接続
T20ロボットと接続
わんこ

アプリとの連携はすごく簡単にできたよ!

DEEBOT T20 OMNIは独自の音声アシスタントを採用していて、「OK YIKOオーケー イーコ」と言うことで、掃除を始められます。

DEEBOT T20 OMNI の特徴4選

DEEBOT T20 OMNIを実際に使ってわかった特徴を4つにしぼってレビューしていきます。

特徴は次の4つです。

シリーズ初のモップ自動リフト機能搭載

今まで、水拭きをしない時は自分でモップを取り外して、掃除する必要がありました。

ママ

せっかく自動のロボット掃除機なのに、取り外すのが面倒……。

DEEBOT T20 OMNIは、シリーズ初の機能としてモップリフト(自動でモップを持ち上げる)が搭載されています。

わんこ

これで面倒なモップの取り外しが無くなるね!

温水洗浄で手洗い不要

DEEBOT T20 OMNI55℃の温水洗浄を有しており、従来のロボット掃除機よりも強力なモップの洗浄が可能です。

わんこ

温水だと、よりキレイにモップを洗浄できそうだね!

物体検知機能で障害物を避ける

DEEBOT T20 OMNITrueDetect 3D 3.0による物体検知機能で、コード類や子どもの小さなオモチャを避けて掃除してくれます。

わんこ

しっかりと障害物を把握して、避けてくれています!

ママ

子どもがいる家庭にはピッタリなロボット掃除機だね!

最高級の吸引力6000Pa

DEEBOT T20 OMNIは他のロボット掃除機と比べても、6,000Paは最高級の吸引力を誇ります。

吸引力としては十分すぎるほどで、掃除したところはチリも残しません。

わんこ

鉛玉でも吸い込める吸引力だよ!

DEEBOT T20 OMNI のメリット・デメリット

DEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニを実際に使って分かったメリット・デメリットを紹介します。

メリットデメリット
モップリフトが超便利
温水洗浄でモップの手洗い不要
最高峰の吸引力でチリも残さない
掃除も水拭きも水を入れるのも全自動
物体検知で片付けが不要
価格が17万円台と高い
大きくて置き場所に困る
ランニングコストが掛かる

DEEBOT T20 OMNI のデメリット3選

DEEBOT T20 OMNIを実際に使って分かったデメリット3選は次のとおりです。

価格が17万円台と高い

DEEBOT T20 OMNIゴミ掃除も水拭きもモップ洗いも全自動の全部入りロボット掃除機のため、価格が高いのがデメリットです。

ママ

いくらくらいするの?

わんこ

17万〜18万円するよ!

ママ

それは、なかなか手が出ないわね……。

今まで欲しかった機能が全部入りのロボット掃除機なので、ある程度価格が高いのは目をつむる必要があります。

ママ

水拭きとかモップ洗いが面倒……。

という方には、全自動ロボット掃除機である、DEEBOT T20 OMNIがオススメです。

大きくて置き場所に困る

DEEBOT T20 OMNIは縦にも横にもなかなかの大きさで、置く場所に困ります。

T20とソファ

ゴミ収集機の大きさは約44.8 x 430x 57.8cmとなっています。

T20ステーションのみ正面

Amazon限定モデルの「DEEBOT N8+」と比べると歴然です。

N8+とT20OMNI
左:DEEBOT N8+、右DEEBOT T20 OMNI
わんこ

給水や汚水タンクがあるから、大きくなったんだね!

置く場所を確保できるなら、すべてが全自動なので掃除が劇的に楽になります。

ランニングコストが掛かる

DEEBOT T20 OMNIのような全自動ロボット掃除機は、次のような消耗品を買う必要があるので、ランニングコストが掛かる点がデメリットです。

交換部品
  • 交換用紙パック×3:2,500円
  • サイドブラシ:1,580円
  • 交換用モップ×4:2,500円
  • フィルター:2,860円
  • 全部入りパッケージ:8,971円
わんこ

すべて毎年買う必要はないけど、都度汚れた時に買う必要があるよ!

ただ、消耗品をしっかり交換することで、長年使える掃除機なので、年間で見ると安いかなと思います。

DEEBOT T20 OMNI のメリット5選

メリット

DEEBOT T20 OMNIを実際に使って分かったメリット5選を紹介します。

モップリフトが超便利

DEEBOT T20 OMNIなど水拭きができるロボット掃除機の面倒な点として、

ママ

乾拭きしたい時に、わざわざモップを取り外すのが面倒……。

と、全自動をうたっていても、手動の部分があると面倒でした。

今回、自動モップリフト機能がついたおかげで、乾拭き時はモップを自動でリフトアップしてくれるので、取り外す必要がなく楽ちんです。

わんこ

カーペットなんかも検知して、自動でリフトアップしてくれるよ!

温水洗浄でモップの手洗い不要

DEEBOT T20 OMNIはシリーズ初の機能として、55℃の温水でモップをキレイに洗浄できます。

ママ

温水でモップを洗うと、何がいいの?

わんこ

温水を使うことで、頑固なニオイも手で洗うようにキレイになるんだよ!

ママ

自分で洗う時も、温水を使うもんね!自動でキレイになるなら最高だね!

自分の手でモップを洗う必要がない、温水洗浄が使いたい方にはDEEBOT T20 OMNIがオススメです。

最高峰の吸引力でチリも残さない

DEEBOT T20 OMNIは最高峰の吸引力6,000Paを誇るため、床にあるホコリやチリを残さず掃除できます。

他シリーズのロボット掃除機と比較した表を作成したので、ご覧ください。

スクロールできます
機種DEEBOTT20OMNI
DEEBOT T20 OMNI
ロボロックs8proultra
ロボロック
S8 Pro ultra
ルンバコンボj9-画像
ルンバコンボj9+
ルンバコンボj9-SD画像
ルンバコンボj9+SD
吸引力6,000Pa6,000Paルンバi7の2倍ルンバi7の2倍
購入サイト Amazon Amazon Amazon Amazon
ママ

DEEBOT T20 OMNIの吸引力は本当に強いんだね!

わんこ

そうだよ!1回の掃除でも床がスベスベになります!

掃除のレベルも次の4つから選ぶことができ、寝ているお子さんがおられる時は「静音」。誰もいない日中帯は「超強力」など使い分けることができます。

掃除レベル
  • 超強力
  • 最強
  • 標準
  • 静音

※上に行くほど、強力な掃除が可能

超強力の騒音計の数値

掃除超強力

掃除も水拭きも水を入れるのも全自動

DEEBOT T20 OMNI以外のロボット掃除機でも、掃除や水拭きができるモデルはたくさんあります。

他シリーズのロボット掃除機

ですが、上記のロボット掃除機は毎回水を入れなければなりません。

DEEBOT T20 OMNIなら、水をタンクに入れておくことで「自動給水」も可能で、毎回水を入れる必要もありません。

わんこ

水を入れてしまったら、全自動でお掃除してくれます!

物体検知で片付けが不要

DEEBOT T20 OMNIは「TrueDetect 3D 3.0」という障害物を検知して避ける機能があります。

ママ

障害物ってどの程度なら避けられるの?

わんこ

子どものオモチャや充電器のコードとかは避けられるよ!

ママ

子どもがいる家庭でも、片付けをしなくてもいいから掃除のハードルが下がるね!

お子さんがいるご家庭や在宅ワークでコード類が多いご家庭にはうれしい機能となっています。

DEEBOT T20 OMNI のよくある質問5選

DEEBOT-T20-OMNIのよくある質問

DEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニのよくある質問をQ&A方式で、5つにしぼってご紹介します。

Q1:DEEBOT T20 OMNIは、どんな場所で使える?

DEEBOT T20 OMNIは、カーペットやフローリングなどの平らな床面であれば、基本的にどこでも使用できます。

ただ、段差が2cmを超える場合は、乗り越えるのが困難になります。

また、絨毯やカーペットの毛足が長すぎる場合も、うまく掃除できない可能性があります。

Q2:DEEBOT T20 OMNIは、どうやって操作するの?

DEEBOT T20 OMNIは、本体に搭載されたタッチパネルや、付属のスマホアプリを使って操作できます。

タッチパネルでは、掃除の開始・停止などの基本操作ができます。

スマホアプリでは、掃除スケジュールの設定や、掃除履歴の確認など、より細かい操作ができます。

Q3:DEEBOT T20 OMNIの駆動できる時間は?

DEEBOT T20 OMNIの駆動時間は、部屋の広さや掃除モードによって異なりますが、約260分駆動できます。

Q4:保証期間はどのくらい?アフターサービスは充実してる?

通常、1年間の製品保証が付いています。

ECOVACSは公式サイトでカスタマーサポートや修理サービスも提供しており、万が一の故障やトラブルにも迅速に対応しています。

Q5:DEEBOT T20 OMNIの設定は複雑?

 設定は非常に簡単です。

掃除機を充電ステーションに設置し、専用のアプリをスマートフォンにダウンロードして接続するだけです。

ECOVACS HOME

ECOVACS HOME

Ecovacs無料posted withアプリーチ

アプリを通じて、掃除のスケジュール設定や特定のエリアのクリーニングなどが可能です。

DEEBOT T20 OMNI を買う前にレンタルがオススメ!

エアクロモールのロゴ

DEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニを買う前にレンタルすることがオススメです。

ママ

買ったけど、自分で掃除機をかける方が合ってたな……。

と、ロボット掃除機は高額なため、買って後悔する方が後を断ちません。

そんなときに、レンタルして1度お試しすることで、自分にピッタリかどうかを確かめられます。

DEEBOTをレンタルするなら「」がオススメです。

ママ

はなんでオススメなの?

わんこ

今なら期間限定で、DEEBOT T20 OMNIが通常1ヶ月17,930円のところ「9,900円」でお試しできるんだよ!

大手レンタルサービス「レンティオ」では14泊15日で「13,980円」なので、いかに安くレンタルできるかわかります。

ママ

まずは、レンタルでお試ししてから買うのを考えたい……。

という方は、「」でレンタルするのがオススメです!

送料無料で44%OFFでお試しできる‼︎

LINEで簡単に登録できます‼︎

エアクロモールの詳しいレビューはこちら

DEEBOT T20 OMNI レビューと口コミまとめ

本記事はDEEBOT T20 OMNI のレビューや口コミについて書きました。

ECOVACS DEEBOTならではの吸引力の強さ物体検知機能マッピング機能の高さはそのままに、完成度の高いロボット掃除機になっています。

モップリフトによる水拭きとゴミ吸引の自動切り替えは、いちいち自分でモップを取り外すわずらわしさを解決してくれる、うれしい機能でした。

温水洗浄によりモップを手洗する必要もなく、まさに全自動のロボット掃除機です。

しかし、価格が17万円台と高い点がネックです。

わんこ

でも、この価格帯ではルンバより機能もモリモリなので、コスパはすごく高いモデルです!

あなたもDEEBOT T20 OMNIディーボットティー20オムニを手に入れて、素足でもストレスなく歩ける空間を実現しませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。家電わんこ(@kadenwanko)でした。

メリットデメリット
モップリフトが超便利
温水洗浄でモップの手洗い不要
最高峰の吸引力でチリも残さない
掃除も水拭きも水を入れるのも全自動
物体検知で片付けが不要
価格が17万円台と高い
大きくて置き場所に困る
ランニングコストが掛かる

当ブログのテーマ

  • シンプルイズザベストなデザイン
  • 初心者でもボタンを押すだけキレイなサイトが作れる!
  • 複数のサイトでも無料で使える!

初心者でも簡単にキレイなサイトが作れる

複数サイトも無料で使える!

ホットクックナビ

スポンサーリンク

タップで飛べる目次