ほったらかし調理鍋おすすめ8選はこちら Click‼︎

【ホットクックを使わなくなった?後悔した?】1年使った私が7つのデメリットを解説

  • URLをコピーしました!

私は1年間ホットクックを実際に使用してみて、すごく満足しています。今はホットクックがないと生活が成り立たないくらいに大活躍しており、365日稼働しています。

しかし、ホットクックを使用していて不満点はあります…

私自身も購入を検討する際に検索をしても次のようなネガティブなワードが多く、購入前に不安になった経験があります…

  • ホットクックを買ったけど使わなくなった…
  • ホットクックで料理を作るとまずい…
  • ホットクックを買って後悔した…

デメリットの部分を知らずに、ホットクックを購入すると「意外と使い勝手が悪い…」と結局ホットクックを購入して後悔していまいます。

私は「ネット」や「家電量販店」でしっかりと調べて、ホットクックを購入したので、後悔なく1年間使用できています。

そこで本記事では、ホットクックの「デメリット」や「後悔したこと」などのデメリットをどのようにして改善したかをまとめて解説していきます。

本記事を読むメリット

本記事を読めば、ホットクックを購入しても使わなくなって後悔しない方法がわかり、ホットクックを購入するべきかどうかわかります!

わんこ

本音で解説するので、少し辛口な表現になっているのでご承知おきください!

▶︎ホットクックのレビュー記事はこちらから

目次

ホットクックをおすすめ「する人・しない人

ここでは、ホットクックをおすすめ「する人・しない人」の解説をして行きたいと思います。

おすすめする人
おすすめしない人
  • 料理の手間を減らしたい方
  • 献立を考えていて、予約調理も活用したい
  • 空いた時間で違う家事がしたい
  • 帰宅時間が遅く、料理の完成を早めたい方
  • その日に買い物をして料理を決める方

ホットクックは料理の「手間」を減らすことに特化した家電です。料理の「完成」を時短したい方にはそもそも向かない家電になります。

ホットクックは自動かき混ぜが可能なのですが、圧力調理ができません、ほったらかし調理鍋ではあるのですが、電気圧力鍋とは違います。

ホットクックと電気圧力鍋との違いは次のとおりです。

自動調理鍋
ホットクック
電気圧力鍋
クックフォーミーなど
  • 自動かき混ぜがあり、途中での調理過程はない。
  • 圧力機能はなく、調理時間は実際の調理時間と変わらない
  • 料理の「手間」を減らしたい方におすすめ
  • 事前に炒めるなどの工程が必要で手動での調理が必要。
  • 圧力調理で料理の時間が短縮される。
  • 料理の「完成」を時短したい方におすすめ

私は「手間」を減らしたかったので、ホットクックを選んで満足しています。

料理の「完成」を時短したい方は「クックフォーミー」がオススメです!

【結論】実際に使用したホットクックのデメリット7選と改善策

ホットクックのデメリットと改善策は以下の通りです。

デメリット改善策
付属のレシピはまずい例)肉じゃが
大さじ1少なめでちょうど良い。
特に料理酒の量は普通よりも多く設定されている。
大きくて置く場所に困る小さめのサイズにする。
以下、人数別に分類
1人:1.0ℓ
2〜3人:1.6ℓ
4人以上:2.4ℓ
我が家は棚の購入をしました。
予約調理が少なすぎる予約調理の中でもアレンジを少し加えながら行っています。
例)カレーでは数種類あるが、見た目悪いですが、ほうれん草など入れてます。
値段が高い私は一番大きい2.4ℓ
【理由】
①大は小を兼ねる
②毎日使用。約1日150円程度で使えている。
③作り置きにも使えて、外食が減り、節約になる。
内蓋のにおい残りがヒドイホットクックにお手入れ機能がある
それでも取れない⇨レモンを一緒に入れる
炒め料理はまずいこれはフライパンには勝てません…
フライパンでの調理をおすすめ
洗うパーツが多い内鍋以外は食洗機可
食洗機お持ちの方は大幅に時短になる。
わんこ

それでは詳しく解説して行きます!

付属のレシピはまずい

個人的な意見となりますが、付属レシピの肉じゃがを例に言うと「味が濃い…

付属メニューは全体的に味付けが濃いめに設定されています。

濃い味付けが好みな方なら公式レシピは美味しく召し上がる事もできると思います。

改善策としては大さじ1少なめでちょうど良いくらいでした。特に料理酒の量は普通よりも多く設定されていると感じます。

大きくて置く場所に困る

ホットクックと炊飯器大きさ違い

容量別に実寸サイズなので、ご参考までにご覧ください。

容量サイズ
1.0ℓ:1人用22.0×30.5×24.0※2020年以前
1.6ℓ:2〜3人36.4×23.2×28.3※2020年以前
2.4ℓ:4人以上39.5×30.5×24.9※2020年以前

改善策として、現在の置き場所はカップボードに置いてますが、賃貸で1LDKだった頃はホットクック用に棚を買って置いていました。

わんこ

大きいから置き場所に困るよね…

予約調理が少なすぎる

公式レシピのメニュー数は最大で142種類あるのですが、予約メニューは41種類

  • 煮物
  • カレー・シチュー
  • スープ

が中心で、すべてのメニューで予約調理ができません。なので、私は帰宅したらすぐに子どもとご飯を食べられるようにしてるのですが、いつの間にか同じメニューばっかり…みたいな事もあるので、多いに越したことはありませんね!

改善策として、予約調理の中でもアレンジを少し加えながら行っています。

例としてカレーでは予約調理出来るレシピが数種類ありますが、栄養が偏らなように食材を変えています

見た目は悪いですが、「カレーにほうれん草入れる」などです。

わんこ

完成するまでは見た目は良くなかったけど、ちゃんとしたカレーができるよ!

値段が高い

私はホットクックを購入する時に値段ですごく悩みました…。おそらく、あなたも価格を見て、購入するのに抵抗感あるのではないでしょうか?

まずはその気になるホットクックの値段の比較をして行きましょう!

容量値段
1.0L(2021年版)44,861円〜
1.6L(2021年版)59,400円〜
2.4L(2021年版)68,200円〜
※価格はAmazon・楽天の参考価格

ホットクックは年式や容量、無線LAN対応の有無によっても値段が違います。各ご家庭によって前提条件が違うので、家族の人数目的によっても変わります。

わんこ

私は3人家族で作り置きなども作るため、2.4Lのサイズにしました!

2.4Lを購入した理由は次のとおりです。

  1. 大は小を兼ねる
  2. 毎日使っているので、約1日150円で使える。
  3. 作り置きにも使えて、外食が減って節約出来るから。
わんこ

節約効果は本当に高かったよ!

▶︎ホットクックの選び方がわからないよ…という方は「ホットクックの選び方」の記事をご覧ください。

内蓋のにおい残りがヒドイ

ホットクックの内蓋

購入前はわからない部分なので、このデメリットには気づきませんでした。ホットクックの内鍋のゴムの部分に魚料理やカレーを作った時に残りやすいです…。食洗機に数回かけても残るほど頑固なニオイ。

改善策として

  • ホットクックのお手入れ機能を使う
  • それでも取れない方は⇨レモンを入れて30分蒸す
わんこ

少し時間の掛かる方法なので、余裕のある時に行ってください。

わんこ

ホットクックにお手入れ機能があるのを知りませんでした…。私は取説を見ておらず、お手入れしてませんでした…(泣)

炒め料理はまずい

ホットクックチャーハン

TVでチャーハンを作っているのを見て、「炒め物もいいな!」と思い作りましたが、水分を飛ばせずベチャベチャに…。

蓋をして密閉するので、食材から水分が出るので、炒め物は苦手のようですね…。

特に要注意なのが、水分の多い食材を使用する際はべちゃべちゃになりやすいので、気をつけてください。

こちらに改善策はなく、フライバンでの調理をおすすめします…。

洗うパーツが多い

ホットクックパーツ

見た目から洗うパーツが多く感じますよね。手で洗うと手間がかかり面倒です…

しかし、パーツ一つ一つはそこまでの大きさではなく、油汚れも少ないので、手洗いも出来ないことはないと思います。

内鍋は2020年以降のものはフッ素コーティングされているので、焦げ付きにくかったり、手洗いしやすいです。

改善策としては内鍋以外は食洗機可能なので、食洗機をお持ちの方は大幅に時短になります。

食洗機は新・3種の神器の一つで、本当にあると便利で時短になるので、この機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

本当に買って後悔?ホットクックのメリット9選

ここまでホットクックのデメリットばかり解説してきましたが、私自身購入してすごく満足しており、使ってない日がないくらいです。

次にその理由であるメリットを解説します。

キッチンに立たなくて良く、時短になる

火を使わず、食材を切ったら鍋に入れてボタンをポチッと押すだけなので、料理をする時間が苦にならなくなりました。

料理の時間以外を次のような時間に使えます。

  • 仕事帰りに洗濯やお風呂掃除をしたり
  • 子どもとお風呂に入ったり、
  • 空いた時間で好きな映画を見る時間に使ったり

上記のようなあなたの好きな時間に変えられるので、本当にありがたい家電です。

わんこ

手抜き料理と言われることもあるホットクックですが、時間を違う事に使えてみんなハッピーですよ!

料理への抵抗が少ない

上記のものと少し被りますが、こんな悩みはありませんか?

  • 料理を作るのが面倒
  • そもそも料理はあまり得意ではない
  • 共働きで他の家事をする時間がない…

私自身もあまり料理が得意ではありません…。なので、料理が簡単にできるホットクックはすごく楽だなと思ったので、導入してよかったと感じています。

わんこ

仕事帰りにご飯を作る気力がなくて、外食が続くと子どもにも良くなかったので、導入して大満足でした!

外食が減って節約になる

最近ではコロナ禍という事もあり、より外食する機会も減ったと思います。

私も例外ではなく、家でご飯を作る機会が増えたので、料理を作る機会が増えてしまいました…。

それまでの私は週に1回くらい外食していました。それが現在では月に1回になりました。


ホットクック導入後外食費
ホットクック導入前外食費
  • 約3000円×月1回=約3,000円
  • 約3,000円×月4回=約12,000円

結果…約9,000円の節約と大幅な節約となりました!

わんこ

半年で元が取れますよ!

帰宅したらホカホカご飯がすぐ食べられる

料理を作るのが面倒だなと思っても、仕事に行く前に予約調理の設定をしておけば、

帰宅してすぐに温かいご飯を食べる事が出来るので、

  • 料理を作るのが面倒…
  • 子どもを見ていて料理を作る暇がない…

とお悩みの方でも、帰宅後すぐにご飯を食べる事ができるので、料理を作る事へのハードルが下がります。

キッチンに立たないから自分時間が増える

仕事をしながら家事や育児をしていると、自分の時間をなかなか取る事が出来ないですよね?

私も仕事帰りに家事や育児をしていると、クタクタで何もする気にならないです…

ホットクックがきてからは、料理を任せる事ができるので、その時間を

  • 子どもと一緒に遊ぶ
  • 洗濯や子どもとお風呂に入ったり
  • Amazon primeで映画を見たり

好きな時間に当てる事ができます。時間を好きに当てる事ができるって幸せな事ですよね!

無水調理は美味しくヘルシー

ホットクック無水カレー変化

ホットクックは圧力調理こそ出来ませんが、密閉性が高いので、食材の水分を逃さず調理ができます。

なので、無水調理でも食材の味を活かした、「濃厚」で「ヘルシー」な料理が出来上がります!

わんこ

特におすすめは無水カレーです!予約調理ができるから毎週のように食べてます。

同じ味を再現しやすい

特に私は料理が得意ではないので、気分により味付けが変わってしまいます…。

ですが、ホットクックは分量を守ればいつも美味しい味が再現できます。

わんこ

再現性が高いのは簡単で嬉しいですね!

食材が柔らかく仕上がり、幼児食にも最適

子どもに野菜を食べさせたいけど、ニンジンやカボチャなどは

  • 硬くて食べさせにくい
  • 柔らかく煮込むのが大変

特に子どものおられるご家庭ならお悩みの方も多いのではないでしょうか?

圧力調理は出来ませんが、密閉して調理するため、柔らかく調理する事が可能です。

クックリスト離乳食
わんこ

舌で潰せるくらい柔らかく出来ます!

手動なら作れるメニューは無限

実際に私は手動メニューを作る事の方が多いです!

特によく作るのは次のような料理です。

  • 親子丼
  • ミネストローネ
  • とうもろこしご飯 など

また、付属のレシピ本をアレンジする事も多いです!

アレンジメニュー例
豚肉のトマト煮込み⇨鶏肉のバジルトマト煮込み
キーマカレー⇨ほうれん草など追加したキーマカレー

ホットクックは使わなくなる?のまとめ

この記事では、「【ホットクックを使わなくなった?後悔した?】1年使った私が7つのデメリットを解説」について解説しました。

実際に1年使用してみて、多くのデメリットに気づいた反面、多くのメリットにも気付く事ができました。

私自身、購入して料理への抵抗感もなくなり、自分時間が増えて大変満足しています

ホットクックは家電量販店では「売り切れ」や「値段が高い」こともあり、ネットでの購入がオススメです!

ホットクックのレビュー記事はこちら

ほったらかし調理鍋おすすめはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ドタバタ共働き家電オタクブロガー「家電わんこ」です‼︎2歳の子どもを育児しながら、時間がない生活を日々過ごしていました!時短家電に出会って一変!世の共働き子育て世帯におすすめしたい家電を紹介していきます!レビュー記事30記事以上執筆。記事執筆依頼は「お問い合せ」まで。

カテゴリー別人気記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる