ほったらかし調理鍋おすすめ8選はこちら Click‼︎

AINXスマートオートクッカーをレビュー|揚げ物もできる唯一のほったらかし調理鍋

スマートオートクッカーアイキャッチ
  • URLをコピーしました!

仕事や育児で日々家事をサボりたい、”時短”という言葉にはすぐに飛びつく家電わんこ(@kaden_wanko)です。

共働きで大変な家事の一つが毎日の「料理」。

わんこ

ご飯は毎日食べるものだから、「料理を時短できたら、他の家事や育児ができるのになぁ

と悩んでいました…

そんな時に、ふとTVを見ると発見しました、「AINX スマートオートクッカー

スマートオートクッカーは最近、ヒルナンデスや雑誌で取り上げられ話題沸騰中の1台8役な”自動調理鍋”です。

今まで”自動調理鍋”というと「SHARP ホットクック」しか選択肢はありませんでした。

しかし、スマートオートクッカーは「かき混ぜウィング」が搭載されており、食材を切ったら後はポイッと”ほったらかす”だけ。

しかも、部品が”すべて”食洗機OKという点も時短好きの主婦にはたまらないポイント。

一方で、デメリットはサイズが大きいことや蓋の開閉時にやけどの危険があることです。

この記事を読むメリット

そこでこの記事では、スマートオートクッカーの調理できる種類を比較してから、口コミや使用感をレビューしていきます。

メリット
デメリット
  • 値段が安い
  • すべての部品が食洗機OK
  • 自動かき混ぜが楽ちん
  • ほったらかし調理鍋唯一の油ものOK
  • 操作がダイヤル式でかんたん
  • サイズが大きい
  • 調理中や蓋を開閉時の蒸気が危険
目次

AINX スマートオートクッカーの外観・機能レビュー

スマートオートクッカーは黒を基調とした、高級感のあるデザイン。ただ、カラーが黒1色なので、選べないのが残念。

機種スマートオートクッカー正面
スマートオートクッカー
容量3.5ℓ
サイズ
(cm)
37.5 x 31 x 20.7
圧力調理
自動かき混ぜ
無水調理
低温調理
炒める
蒸し調理
煮込み
炊飯
予約調理
保温機能
レシピ数内臓メニュー8
液晶画面モノクロ
消費電力950W

天面はガラス張りで、中にある食材が見えるのが嬉しいポイントです。(意外と見てしまいます。笑)

サイズは37.5 x 31 x 20.7 cmと高さは低いですが、幅や奥行きが丸い形で大きく、場所を取ります。

左;スマートオートクッカー、右ペットボトル

我が家の3合炊き炊飯器と比較すると、幅の大きさが大きいのがわかります。

開き方は取っ手を持って、持ち上げるだけです。

AINX スマートオートクッカーの最大の特徴が「かき混ぜウィング」。

天面にグッと差し込むだけで簡単につけられます。

下写真丸い部分を突起に合わせて装着すると密閉力が上がるとのこと。(装着時は気にしてませんでした…)

自動かき混ぜで食材を切ったら”ポイッと”入れるだけで自動で混ぜてくれるので、キッチンで見ていなくても勝手に料理ができています。

内鍋はアルミ合金で軽くて丈夫な素材。内鍋も食洗機OKです!

フッ素加工でするっとなめらか!

スマートオートクッカーは他の調理鍋にはない、取っ手が付属しています。

内鍋の側面に取り付けるところがあります。

引っ掛けて装着。

料理ができた後、お皿に盛り付けるのが面倒な時に、そのままテーブルに置くことができるので、洗い物がへって便利

つゆ受けは本体後面にあります。

グッと差し込むと取り付けられます。つゆ受けをつけ忘れると水浸しになるので、要注意。

コンセントはつゆ受けの隣にあります。

オートメニューでの調理以外に、レシピブックが付属しています。

食べたいご飯を見つけて食材をザクッと切って、ポイッと入れるだけ。

付属品は以下の通りです。

付属品
  • 本体
  • 内鍋
  • ガラス蓋
  • 取っ手固定ネジ
  • 簡易ドライバー
  • ふた固定パーツ
  • 結露受けトレイ
  • 取っ手
  • 電源コード
  • かき混ぜウィング

ホットクックと機能や料理の味を比較

スマートオートクッカーとホットクックの機能を比較した表は以下の通りです。

機種スマートオートクッカー正面
スマートオートクッカー

ホットクック
容量3.5ℓ1.0ℓ
1.6ℓ
2.4ℓ
サイズ
(cm)
37.5 x 31 x 20.7 1.0ℓ:22.0×30.5×24.0
1.6ℓ:36.4×23.2×28.3
2.4ℓ:39.5×30.5×24.9
※サイズは2020年版
圧力調理
自動かき混ぜ
無水調理(最大53種類)
低温調理35℃〜90℃
炒める
蒸し調理
煮込み
炊飯
予約調理最大15時間
(生モノOK)
保温機能最大12時間
温め直し
レシピ数内臓メニュー8最大155
液晶画面モノクロモノクロ
消費電力950W800W
電気代の目安32.4円/時間
価格〜29,700円1.0ℓ;44,800円
1.6ℓ;60,000円
2.4ℓ;68,200円
わんこ

価格やサイズ、できる調理方法の違いがあります。

▶︎スマートオートクッカーとホットクックの比較記事はこちら

AINX スマートオートクッカーとホットクックで

  • チャーハン
  • 肉じゃが
  • カレー

で味を比較します。

チャーハンドロー
肉じゃがスマートオートクッカー
カレーホットクック

チャーハン比較

まずはAINX スマートオートクッカーのチャーハン。

わんこ

水分は飛ばせていますが、”モサモサ”していてあまり美味しくありませんでした…

次にホットクックのチャーハン。

ホットクックチャーハン
わんこ

水分が飛ばせず、”べちゃべちゃ”した食感であまり美味しくありませんでした…

チャーハンはどちらも好みではありせんでした…

肉じゃが比較

まずはAINX スマートオートクッカーの肉じゃが。

わんこ

ニンジンやジャガイモが舌で”さらッと”つぶせるくらい柔らかく驚きました!

次にホットクックの豚の角煮。

ホットクック肉じゃが
わんこ

ホットクックの肉じゃがは味がやや濃く、”モサっと”しています。ジャガイモも煮崩れしやすいので、要注意です!

好みはスマートオートクッカーでした!

カレー比較

まずはAINX スマートオートクッカーのカレー。

わんこ

味は中辛を使用しましたが、野菜も”とろっとろ”で柔らかく、野菜のうま味がでて美味しかったです。にんじんも芯まで柔らかく美味しかったです。

次にホットクックのカレー。

わんこ

ホットクックも野菜の水分が出て、水を入れてないのに「あれ?調味料いっぱい入れた?」と疑うほどすごく濃厚。

野菜の柔らかさはスマートオートクッカーと大差はなかったです。

好みはホットクックのカレーでした!

AINX スマートオートクッカーのレビュー

スマートオートクッカーの使い方は以下の通りです。今回は「唐揚げ」の作り方で解説します。

STEP
内鍋に食材を入れる
STEP
ダイヤルで煮込むに合わせる
STEP
ボタンを押す
STEP
完成‼︎
わんこ

唐揚げの味は外「カリッカリ」で中「ふわっふわ」で美味しかったです!

「揚げ物」はでき上がったらすぐに取り上げないと、焦げちゃうので注意が必要。

次に、AINX スマートオートクッカーの特徴を解説します。

値段が安い

スマートオートクッカーは同じほったらかし調理鍋であるホットクックと比較すると、値段が安いです。

調理鍋スマートオートクッカー正面
スマートオートクッカー
ホットクック外観
ホットクック
容量3.5ℓ1.0ℓ
1.6ℓ
2.4ℓ
価格29,700円
※2022年2月24日楽天市場調べ
1.0ℓ;38,900円
1.6ℓ ;569,80円
2.4ℓ ;64,000円
※2022年2月24日楽天市場調べ

機能やサイズの違いはありますが、この値段でホットクックと同様の「自動かき混ぜ機能」があるのでおすすめ。

わんこ

値段を抑えたい人はホットクックよりスマートオートクッカーがおすすめです。 

すべての部品が食洗機OK

スマートオートクッカーは本体以外のすべての部品が食洗機OKです。

取り外しもかんたんで、「かき混ぜウィング」はマグネット式になっているので、グッと引っ張ると取り外せます。

ガラス蓋も真ん中の「ふた固定パーツ」をひねるだけで取り外し可能。

わんこ

他の調理鍋で唯一のパーツ全てが食洗機可能です。

自動かき混ぜが楽ちん

スマートオートクッカー は「かき混ぜウィング」が付属しているので、食材をポイッと入れてボタンポチっでTV見てたらでき上がっています。

「かき混ぜウィング」はこんな感じで回っています。

わんこ

食材を入れたら後は違う家事や子どもの世話、TVを見ていたらでき上がります。

開閉時や蒸気孔が危険

開閉するには取っ手を持ち上げる必要があるのですが、でき上がり直後は蒸気があつあつなので、やけどの注意が必要です。

また、換気扇の下で調理しないと、壁紙の黄ばみの元になるので注意が必要。

わんこ

蒸気孔はカバーがあるとよかったのと、開閉前はちょっと時間置いてから開けるとOK

ほったらかし調理鍋唯一の油ものOK

スマートオートクッカーは他の調理鍋ではできなかった、「揚げ物」調理が可能です。

唐揚げ

通常の揚げ物だと、「油が飛び散って掃除がめんどう…」となるのですが、スマートオートクッカーならガラス蓋があるので、油が飛び散らず掃除もかんたんです!

  • 育ち盛りの子どものいるご家庭
  • 揚げ物が大好きな人がいる

という方にはおすすめです!

操作がダイヤル式でかんたん

スマートオートクッカーの操作はボタンをポチッと押して、クリッと回すだけでかんたんに操作ができます。

取説を見ない私でも操作できるくらいかんたん。

わんこ

私もあまり取説を見る派ではないので、操作がかんたんなのは嬉しいです!

AINX スマートオートクッカーをおすすめする人

スマートオートクッカーはホットクック1強だった、ほったらかし調理鍋業界に一石を投じる1台8役の”ほったらかし調理鍋”です。

スマートオートクッカーはほったらかし調理ができて、3.5ℓという容量なのに29,700円とコスパがすごく高い調理鍋です。

  • 予算に余裕があり、高機能を求めるならホットクック
  • 大家族で大容量をお求めの方はクックフォーミー
  • コスパが良いほったらかし調理鍋をお探しならスマートオートクッカー

をおすすめします。

AINX スマートオートクッカーのまとめ

この記事では「【AINXスマートオートクッカーをレビュー】1台8役なほったらかし調理鍋」を解説しました。

AINXスマートオートクッカーはホットクックと比較すると、お求めやすい”ほったらかし”調理鍋です。

これ1台で「炒める、煮込む、カレー、パスタ、蒸し調理、温め直し、デザート、低温調理」まで自動ででき上がるので、仕事で疲れて料理がしたくない日や子どもとの時間を過ごせる最高な家電です。

これを機に、ご自宅に「時短家電」をお持ちではない方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

どうも、家電わんこ(@kaden_wanko)でした。

メリット
デメリット
  • 値段が安い
  • すべての部品が食洗機OK
  • 自動かき混ぜが楽ちん
  • ほったらかし調理鍋唯一の油ものOK
  • 操作がダイヤル式でかんたん
  • サイズが大きい
  • 調理中や蓋を開閉時の蒸気が危険
スマートオートクッカーアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ドタバタ共働き家電オタクブロガー「家電わんこ」です‼︎2歳の子どもを育児しながら、時間がない生活を日々過ごしていました!時短家電に出会って一変!世の共働き子育て世帯におすすめしたい家電を紹介していきます!レビュー記事30記事以上執筆。記事執筆依頼は「お問い合せ」まで。

カテゴリー別人気記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる